« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月25日 (水)

最近は

懐メロをよく聞きます。
寒くなると聞く曲も自然とかわりますよね。ええ。
衣替え感覚。

レミのチケット@横浜アリーナ、取れてよかったよかった。
ありがとうね。感謝です。

終末期はたぶん体力的にはきつくないんだけども、
家に帰ると芯までクタクタ、っていう感じかなぁ。
ま、残り少しだし最終レポに向けて頑張りましょうか。
内容的に5000字って地味にキツイですね。





それはさておき
ここでみなさんに癒しをひとつ。



まこという名の不思議顔の猫

Mako










…やばぐね?この寝顔。
チャームポイントはほうれい線。
たまらんです。

文章と写真のマッチングも絶妙で、
しばしば一人で画面の前で「ブホッ」って吹いてます。
猫村さん好きの方なら大好物なはず。


あ、JJ買っちゃいましたよー。みなさん359ページですよー。
他の内容は読んでもネタにしかならず。
いやはや、まるで世界が違うってある意味おもしろいですね。はい。
いい経験になりました。





やっぱり面白い事、笑うって事はパワーになりますね。





Hello, Again ~昔からある場所~/my little lover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

秋を愛する人は

心深き人
愛を語るハイネのような 僕の恋人
(『四季の歌』)

懐かしや。ふと思い出しました。


あぁ、ご無沙汰。

たっくさん本当は書きたい事があったのだけども、
なんだか手が出せずにいました。

地獄の慢性が終了し、月曜から終末期です。
…たった一人で病棟実習するハメになりました。
試練だなぁ。
ま、師長さんが良い人らしいし、なんとかなるなる。


最近、なんだか本当に「考える」時間が増えました。
一時期この癖をほんとに封印したかったんですが…今のところムリですねぇ。なんだか。

同学年の皆さんも大部分がそうかと思われますが、
就職について考え出してみたり
自分の資質、向いていること、好きなこと、やりたかったこと。
それと、今自分がやれること、やっていること、これからやって行くであろうこと。
どんどん大きくなるひずみ。
焦点の定まらないもどかしさ。
親の今後。体の状況。
「二等親以内の健康にはきちんと気を配れるように」とのY大先生のお言葉
受け持ち患者と自分をカバーするのにイッパイイッパイの自分
「医療に大事なのは人。私は良い医療、患者のための医療を提供していける人になりたい」
なんて作文で大口たたいて自信に満ちてた中学生の自分
業務に追われる実際を見て臨床に嫌気がさしている今の自分
自分が潤っていないと人を幸せにできない?
そうかも知れない。
でも大事な人さえ幸せに出来なくて、自分を潤すことにばかり力を注いで
そんなのないよなって。
楽しみを突き詰めようとするといつも空しさやはかなさを突き詰めているようで
何をすればいいのかは見えているのに
それでも煩悩多き動物で。
この所在のなさ。


とりあえず今の状態の自分を認めてってあげなくてはなと思います。
今まで何か、自分が描いてた理想像に
どうにかして自分をあてはめようとしすぎていた気がするから。
桜井さんじゃないけど、自分らしさのオリというやつでしょうか。
でも最終的に自分をマネジメントできるのなんて、自分だけなんですよね。
基本的な事というのはなんでこうおざなりになるのでしょう。


でも、ほんの少しの変化がもたらすパワーって、確かにあると思うので。
少しずつ、やっていきます。
今流行りのハチドリの話じゃないけどもさ。







あぁ、あったかい飲み物がありがたい時期になりましたこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »